ノ ルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は22日、スロベニアの
プラニツァで個人最終戦(HS139メートル、K点125メートル)が行われ、
既に個人総合2連覇を決めていた17歳の高梨沙羅(クラレ)が135メートル、
132・5メートルの合計271・6点で7連勝した。今季18戦中15戦で優勝し、
通算勝利数を24に伸ばした。

 伊藤有希(土屋ホーム)は128・5メートル、125メートルの244・9点で
今季5度目の表彰台となる2位に続き、個人総合3位となった。

 岩渕香里(松本大)は21位、渡瀬あゆみ(アインファーマシーズ)は
25位、茂野美咲(CHINTAI)は27位、竹田歩佳(ライズ)は28位だった。

 ▼高梨沙羅の話 2回ともまずまず納得がいくジャンプができた。
総合が取れて良かった。でも技術、精神両面で足りないところがある。
改善して4年後は(五輪で)同じような失敗をしないようにしたい。(>>2
以降に続きます)

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/03/22/jpeg/G20140322007826660_view.jpg